約100名の方にご参加いただき、教育学・行政学の専門家、不登校・ひきこもりの経験者・親、障害児のイクルーシヴ教育を求めてこられた方、小児科医などたくさんの方から、この法案に関する疑問点・問題点などを指摘する発言を聞かせていただきました。

3時間ではとても時間が足りず、会場の方々のご意見がうかがえなかったのが残念でした。

当日ご参加できなかった方にもぜひ読んでいただきたく、当日配布された資料をアップさせていただきます。


資料②の9月14日に公開された文部科学省の通知の内容を読むと、
この法案が可決されてもされなくても、不登校の子どもの管理や本人が望まない支援が強化されることがお分かりいただけると思います。
この法案の内容はそうした行政の方針と一致しており、可決されれば通知に強制力を与えるものとなってしまいます。
通知には、不登校を「問題行動」と判断してはならない、という文言がありますが、法案にも通知にも「問題行動」としか見ていない文言があふれています。
この法案が子どもを救うものと言えるのかどうか、ぜひ資料を読んでお考えいただきたいと思っています。

(以下、大反対集会の配布資料です。クリックしていだくと、PDFがダウンロードできます)

①当ネットワークの配布資料

②9月14日文科省通知

③法案に関する新聞記事・声明など

④障害児を普通学校へ全国連絡会配布資料

⑤教育機会確保法案・衆議院での附帯決議

⑥参議院文教科学委員への反対意見送付のお願い


なお、当日はテレビ朝日のカメラが入り、当日夕方のニュースで放送がありました。
テレビ朝日の公式サイトで動画を見ることができます。