不登校の子どもが危ない! STOP!「多様な教育機会確保法」

私たち「不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会 ネットワーク」は、不登校などの経験者と、親の立場の者の集まりです。「義務教育に相当する普通教育に関する多様な教育機会を確保するための法律案(通称:多様な教育機会確保法案)」についての情報共有と意見表明のために、このブログをひらきました。           

タグ:不登校対策法案


4月28日(木)朝8時から参議院会館でフリースクール議連と夜間中学議連の合同総会が開かれました。3月11日(金)の合同総会で懸念や反対意見のあるなか討論なかばで打ち切られ各党持ち帰りとなった「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」通称「不登校対策法案」について各党の結論が報告され、了承多数で残念ながら連休明けの国会に提出されることになりました。
IMG_2019
                                            ※写真提供:伊藤書佳さん
総会での各党の状況報告は下記のとおりです。

「自由民主党」河村建夫議員 了承

「民進党」  林久美子議員 了承

「公明党」  浮島智子議員 了承

「日本共産党」畑野君枝議員
関係者・研究者の皆さんの話をたくさん聞いてきました。
これで終わりにしないで納得いける議論を続けていただきたい。
夜間中学については皆さん賛成なので今国会で決議していただきたい。
法文2条など子どもや親の子育てを追いつめることになる。
国の不登校政策30年は何だったのか。学校教育の問題を不問に付してはならない。
不登校をしている子どもにとって必要なのは、まず子どもの命を守ること。次に居場所が大切。
その上で学習と教育の機会。早期の対応は(子ども)を追いつめることになる。
国会の文教の歴史ではじっくりとやってきている。早急にやって歴史の汚点を残しかねない。

「社民党」  吉川元議員
フリースクール法案から不登校の全体にかかわる法案になった。
まだ十分に理解を得られていないと強く感じる。
この法案の目的は不登校の皆さんをしっかり支えていこうという法案。
当事者の納得・理解を得られないなかでの法案提出は慎重にならざるを得ない。
夜間中学については早期の成立を、場合によっては切り離しての成立が必要。
地方議会でも東京の多摩市では全会一致で、ここにいる全ての政党が一致して(法案の)慎重な取り扱いを求める意見書が採択されている。
もう少し時間をかけて、当事者の意見を聞くだけでなく、質問する機会と説明を聞く機会を設けていただきたい。
法案では2条-3、3条-1・3、13条などに問題がある。引き続きの議論を継続していただきたい。

「おおさか維新の会」欠席 代理が党内了承と報告


今国会の成立を目指し、不登校の子どもや当事者、保護者や学校教育現場や専門家など多くの反対の声を無視してがむしゃらに法案成立に突っ走る賛成派の議員の方たちは、法律をつくることを自己目的化し、いじめや体罰などで不登校をする社会的弱者である子どもたちのことなど眼中にはないように感じます。
当ネットワークは法案に反対する当事者や市民の声を届ける最後のチャンスと考え、4月15日の「共同記者会見」など資料をまとめ資料提出を申し出ましたが、議連事務局長の林久美子事務所から断られました。
その際のやり取りは下記のとおりです。

資料の提出を問い合わせたところ、
「お世話になっております。
お問い合わせいただきました件ですが、明日は各党からの検討状況・結果をお聞きする場になるかと思いますので、資料はご遠慮いただければと存じます。
何卒ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。」
との返事がメールできました。
納得ができないので、理由を電話で尋ねたところ、
「他の団体からもそういう要望があり、準備が大変で、収集が付かなくなるから」
「要するに手間が大変、ってことですね」
「まぁこちらの都合ですけど…」
とのお答えでした。

前回3月11日の議連総会の際は推進、反対の両団体からの資料が提出され、出席者全員に配布されました。
今回の議連総会でも「懸念の声があがっており、慎重に意見を聞きたい」と言いながら、全く矛盾しています。
議連総会で配布された資料(法文とその概要)と当ネットワークが提出した(座長、事務局長、文科省に送付したが配布されず)資料は下記のリンクから見ることができます。
「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」法文と概要
「不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会 ネットワーク」提出資料(当日配布されず)


「不登校対策法」の国会提出が決まり、連休明けから国会で文教委員会の審議が始まる予定です。
日程としては下記が予想されます。

① 連休明け法案提出(5月9日)

② 衆議院文部科学委員会審議(委員会は水・金なので、5月11日、13日、18日、20日)

③ 衆議院本会議採決

④ 参議院文教科学委員会審議(委員会は火・木なので、5月17日、19日、24日、26日)

⑤ 参議院本会議採決

賛成派の議員たちは、今国会の成立を目指しています。「衆議院文部科学委員会審議」が始まれば、急速にことは進みます。「衆議院文部科学委員」の議員と「参議院文教科学委員」の議員に法案反対の声や法案を慎重期して審議してほしい旨をどれだけ届けられるかが勝負です。
「不登校の当事者と市民はこの法案を反対している」との反対の声を「衆議院文部科学委員会審議」「参議院文教科学委員会審議」の前に各党の文教委員にファックスやメールなどで届けてください。
7月には参議院選挙が行われ衆参同日選挙のうわさもあります。議員にとって一番こわいことは議席を失うことです。地元選挙区の事務所に直接行って、有権者として「反対」を訴えてください。
不登校をしている子どもは年間で12万人強、1990年以降では延べ270万人です。この法案はその不登校の子どもたちを選別・排除し、さらに差別するものです。
不登校の当事者、その保護者、関係者の皆さん、また法案に反対する市民の皆さん、どうかアクションを起こしてください。不登校を経験した方、不登校の子どもと一緒の時間を過ごした保護者や関係者の皆さん、次世代にこれ以上の禍根が残らないよう、声をあげていきましょう。

下記は「衆議院文部科学委員」「参議院文教科学委員」の連絡先になります。
★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

超党派議連の通称「フリースクール法案」がなぜ通称「不登校対策法案」に書き換えられたのか
不登校の子どものみならず、全ての子どものためにならない法律の制定がなぜこんなにも急がれるのか
不登校の子どもたちにかかわる現場の多くの人々が首を傾げてきました。
そのルーツをたどっていくと以下のような事実が浮かび上がってきました。
PDF版(2016年4月25日現在)
※本資料は「はさん」氏の協力のもと作成いたしました。

★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

2016年4月15日「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」通称「不登校対策法案」に反対する「共同記者会見」を開きました。
法案がどのような内容か、まだ市民には情報が伝わっていない今日、記者会見で法案の問題点を発信できる貴重な機会になりました。
また、不登校を経験した当事者の方より、「不登校対策法案」への反対声明が読み上げられました。
記者会見後には「意見交換会」が行われました。

受付でお名前を書いていただいた方だけで、一般の方が 81名、マスコミの方 20名、国会議員と議員秘書の方 12名、合計 113名のご参加いただきました。
200部用意した当日の配布資料は、多くの方が身近な人へと持ち帰りすべてなくなりました。下記より当日の配布資料をみることができます。
本編の印刷に間に合わなかった当日の追加配布資料(不登校当事者の声明、意見書、新聞記事)と「共同記者会見」の報道記事などが追加されています。

発言者要旨集
● 全国から寄せられた法案に対する意見集・資料集
3.11座長案(「2016年4月7日の修正」についての別紙あり)

2時間以上にわたる記者会見でしたが、全国各地の不登校の当事者や親の会や各界の識者の発言に対し、席を立つ人がほとんどいませんでした。登壇者の最後に不登校を経験した当事者から「不登校対策法案」への反対声明が読みあげられ、参加者に深い感動を与えました。
緊張感に満ちた記者会見で、本法案に対する関心の高さが伝わってきました。
「共同記者会見」当日の録画動画はこちらから見ることができますのでぜひご覧ください。http://150909.jimdo.com/(同サイト内、3月23日の「院内集会」の報告も必読です。)

共同記者会見のあとには、全国各地(千葉・神奈川・東京・埼玉・栃木・長野・富山・大阪・京都・沖縄)から集まった方々と2時間30分にわたる意見交換会が行われました。
不登校を経験した当事者、親の方々が涙ながらに体験を語りました。記者会見にのぞんだ登壇者の方全員、議員の方々と記者の方々何人もが意見交換会に残って真剣に耳を傾けていただきました。


下記に「共同記者会見」のプログラムと録画動画、不登校を経験した当事者の「声明文」の全文を掲載します。
なお、録画動画はhttp://150909.jimdo.com/のサイトのものです。今までの法案に係わる集会の録画動画や報告などが多数あります。ぜひ訪れてみてください。
★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む

※民進党の結党などがあり、結論を出すスケジュールが4月下旬へと遅れています。
「不登校対策法案」の上程を阻止する本当に最後の機会です。どうぞ皆さんの声を民進党 岡田「次の内閣」の議員の方々を中心に各党の政策調査会・
政務調査会議員に届けてください。


本国会で「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」が上程されようとしています。
「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」から「多様な」の文字が消え、「フリースクール法案」から「不登校対策法案」に姿を変えて登場しました。


2015年9月15日の「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案(馳座長案)」から2016年2月2日「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(丹羽座長試案)」に変わり、「フリースクール」に相当する部分が削り落されました。これに伴いフリースクールに財政支援するために法的な手続きとして必要だった「第四章 個別学習計画」がなくなりました。
しかし、法案から第四章が削除された後に、丹羽座長試案では「第三章 不登校児童生徒に対する教育機会の確保等」という名の「不登校対策法案」が登場しました。

12万人余の不登校の子どもと保護者をさらに追い込む内容が法律化にされようとしています。
いじめや体罰、厳しい指導などで傷ついている多くの子どもは、学校を休みたくても休めていません。登校しぶりをしながら登校する「心は不登校、からだは登校」の子どもは少なくとも50万人余いると推定されます。
文部科学省の不登校対策は早期学校復帰対策です。学校を休めないまま傷つき心身ともに限界にきた子どもたちが命を絶つことが続いています。
不登校は命の非常口です。新たな法律をつくって命の非常口をふさがないでください。
私たち不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークは、夜間中学と分けて不登校対策法案の白紙撤回を求める運動を続けています。

2016年3月11日の超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チームの議連総会が開かれ、法案の審議では疑念、懸念、法案の不備の声が議員から次々あがるなか、審議を半ば強引に打ち切り、座長案として「各党持ち帰り」となりました。
各党の文部教育委員会での検討が行われのち、各党の政務調査会(民進党は「民進党 岡『次の内閣』」)を経て4月下旬までに各党の結論を出すスケジュールです。

法案に反対する不登校を経験した当事者が「壊れて止まらなくなったモグラ叩きゲームのようだ。穴からモグラ(法案)が延々とでてくる」と呟いていました。しかし今や「モグラ」は土を払い機体まで壊し、恐ろしい「ドラゴン」となって天に放たれようとしています。ドムドーラ

法案を白紙撤回し上程を阻止する最後の機会です。岡田「次の内閣」の議員を中心に各党の政策調査会議員・政務調査会議員にファックス、はがき、メールなどで皆さんの声を届けてください。議員めぐりを続けて感じたことは、紙ベースのファックスや手紙は良く読んでくれています。A4で1枚位の内容が適切のようです。
皆さんの声を届けてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。



民進党 岡田「次の内閣」の議員の方々の連絡先は下記のリンクから。
https://www.minshin.jp/about-dp/next-cabinet

下記は民進党 岡田「次の内閣」のファックスリストなります。
★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

本国会で「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」が上程されようとしています。
「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」から「多様な」の文字が消え、「フリースクール法案」から「不登校対策法案」に姿を変えて登場しました。


2015年9月15日の「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案(馳座長案)」から2016年2月2日「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(丹羽座長試案)」に変わり、「フリースクール」に相当する部分が削り落されました。これに伴いフリースクールに財政支援するために法的な手続きとして必要だった「第四章 個別学習計画」がなくなりました。
しかし、法案から第四章が削除された後に、丹羽座長試案では「第三章 不登校児童生徒に対する教育機会の確保等」という名の「不登校対策法案」が登場しました。

12万人余の不登校の子どもと保護者をさらに追い込む内容が法律化にされようとしています。
いじめや体罰、厳しい指導などで傷ついている多くの子どもは、学校を休みたくても休めていません。登校しぶりをしながら登校する「心は不登校、からだは登校」の子どもは少なくとも50万人余いると推定されます。
文部科学省の不登校対策は早期学校復帰対策です。学校を休めないまま傷つき心身ともに限界にきた子どもたちが命を絶つことが続いています。
不登校は命の非常口です。新たな法律をつくって命の非常口をふさがないでください。
私たち不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークは、夜間中学と分けて不登校対策法案の白紙撤回を求める運動を続けています。

2016年3月11日の超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チームの議連総会が開かれ、法案の審議では疑念、懸念、法案の不備の声が議員から次々あがるなか、審議を半ば強引に打ち切り、座長案として「各党持ち帰り」となりました。
現在、各党の文部教育委員会での検討が行われています。4月上旬までに各党の結論を出すスケジュールです。

法案に反対する不登校を経験した当事者が「壊れて止まらなくなったモグラ叩きゲームのようだ。穴からモグラ(法案)が延々とでてくる」と呟いていました。しかし今や「モグラ」は土を払い機体まで壊し、恐ろしい「ドラゴン」となって天に放たれようとしています。ドムドーラ

法案を白紙撤回し上程を阻止する最後の機会です。各党の文教科学委員にファックス、はがき、メールなどで皆さんの声を届けてください。議員めぐりを続けて感じたことは、紙ベースのファックスや手紙は良く読んでくれています。A4で1枚位の内容が適切のようです。
皆さんの声を届けてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。


下記に主だった各政党の文教委員や立法チーム議連等の連絡先を掲載いたします。
民進党の結党のため、スケジュールが遅れているようです。
連絡先も改訂いたしました。どうか皆さんの声を届けてください。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★

続きを読む

2016年3月11日に、超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チームの議連総会が開かれました。法案は議連総会では意見がまとまらず、座長案として「各党持ち帰り」となりました。各党の文教委員会で審議した結果を議連に3月末までに持ち帰えり、最終的なまとめとするというタイムスケジュールが発表されました。
当ネットワークは「夜間中学と分けて『不登校対策法案』を白紙に戻すように」との要望書を提出しました(下記に全文を掲載)。



総会では各党から6人の議員が懸念、疑問、注文、法案の不十分さなどを次々に発言されました。当日の発言の内容の一部を紹介いたします。

浮島智子議員(公明党)「つらくても学校に頑張って行っている子、校長室や保健室登校の子に休むことを法案のどこで保障されているのか?
神本美恵子議員(民主党)「学校への登校圧力が強くなっている、学校現場がどうなるのか、学校に行きづらくなっている子に対する懸念が消えない
畑野君枝議員(共産党)「不登校12万人のうちフリースクールに行っているのは3%。10ヵ月やってきたというけど、8ヵ月はフリースクールの問題の立てつけ。2月から不登校のことになってまだ2ヵ月。どういう声があるかということをちゃんと聞いてほしい
議論が展開する中で質問に答えた文部科学省の前川喜平 文部科学審議官は「学校がすべての子どもにとって安心できる場所ではないということは承知している」と答え、会場は一瞬静まり返りました。

活発な議論が続く中、開始されてから30分ほどで半ば強引に司会の林久美子事務局長が討論を打ち切り、法案は議連としてはまとまらず、座長案として「各党持ち帰り」となりました。


当日配布された「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」座長案は、下記のからご覧いただけます。
義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(座長案)平成28年3月11日 ←クリックしてください

また、当ネットワークが提出した要望書と資料のPDF版はこちらからご覧いただけます。
 ・要望書(20160311当事者と親の会ネット)
 ・文部科学省の不登校対策について(20160311当事者と親の会ネット)


下記に要望書を掲載いたします。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★
続きを読む

当ネットワークに参加する、不登校を経験した当事者と親の方々の不登校法案に対して白紙撤回を求める声と意見表明です。皆さんに許可をいただいて、ご意見を掲載させていただきます。


本法案の立法の趣旨はフリースクール法をつくるところにありました。しかし、今やフリースクールに対応する部分が削られ、不登校対策法に姿を変えてきました。「衣の下から鎧」が現れました。
不登校を経験した当事者や親の方々がどう感じているのか、どう考えているのか、現場からの声・意見を聞いて下さい。
年間12万人余の不登校をしている子どもたち、いじめや体罰などで学校を休みたくても休めない子どもたち、「心は不登校、からだは登校」の子どもたちは少なくとも50万人以上いると推定されます。
すべての子どもたちの最善の利益についてともに考えていただきたいと思います。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★
続きを読む

2016年3月8日に、超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チーム(丹羽秀樹座長)のヒアリングにおきまして、不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークの代表「不登校法案への反対」「法案を夜間中学と分けて白紙撤回を」と意見表明いたしましたので、ここにご報告させていただきます。


活動報告
国会開会後、静かだった超党派フリースクール等議連が2月2日に再開され、動きが急にあわただしくなりました。
それに伴い当ネットワークの動きも活発になりました。以下にその活動の一端を報告いたします。
この他に当ネットワークの不登校を経験した当事者や親たちが議員訪問を続けております。

2月 2日 立法チーム勉強会 陪席 1名
2月12日 立法チームヒアリング、当ネットワークの代表が
      法案の反対・白紙撤回を表明・陪席 2名
2月16日 立法チームヒアリング 陪席 2名
2月17日 渋谷区で講演集会(講師:石川憲彦さん)を開催
2月19日 立法チームヒアリング 陪席 3名
3月 8日 立法チームヒアリング、当ネットワークの代表が
      法案の反対・白紙撤回を表明・陪席 3名
3月11日 立法チーム合同総会 6名


3月8日、議連立法チームにおきまして、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」の新しい座長試案が提出されました。新しい座長試案は下記のリンクからご覧いただけます。
義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(座長試案)平成28年3月8日 ←クリックしてください

当日の議連立法チームのヒアリングでは当ネットワークの代表が「私たち親も、同じように不登校のわが子を追いつめてきました」「親は変わることができますが、法律は変えられません」と強く法案の反対を訴えました。

下記に、当日の「意見書」を掲載いたします。(→PDF版

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★
続きを読む

2016212日に、超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チーム(丹羽秀樹座長)のヒアリングにおきまして、不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークの代表が法案への反対・白紙撤回を発表いたしましたので、ここにご報告させていただきます。


22日、議連立法チームにおきまして、これまで「多様な教育機会確保法案」と呼ばれていた法案の、新たな骨子案である「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」(仮称)が提出されました。

骨子案と修正表は下記のリンクからご覧いただけます。


義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(仮称)骨子(座長試案)平成28年2月2日 ←クリックしてください

座長試案(平成27915日版)からの修正点 ←クリックしてください


ヒアリングでは、この「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」(仮称)のことだけでなく、これまでの法案の内容・検討過程をも含めた反対意見を発表いたしました。


当ネットワークより参考として提出した資料4点(PDF版)は、下記リンクをクリックするとご覧いただけます。


 ・要望書(20160212当事者と親の会ネット)

 ・2・2骨子案の問題点(20160212当事者と親の会ネット)

 ・グラフ資料3点(20160212当事者と親の会ネット)

 ・当事者からのメッセージ(20160212当事者と親の会ネット)

下記に、当日の発表内容(原稿)を掲載いたします。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★

続きを読む

↑このページのトップヘ