不登校の子どもが危ない! STOP!「多様な教育機会確保法」

私たち「不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会 ネットワーク」は、不登校などの経験者と、親の立場の者の集まりです。「義務教育に相当する普通教育に関する多様な教育機会を確保するための法律案(通称:多様な教育機会確保法案)」についての情報共有と意見表明のために、このブログをひらきました。           

タグ:反対要望

※民進党の結党などがあり、結論を出すスケジュールが4月下旬へと遅れています。
「不登校対策法案」の上程を阻止する本当に最後の機会です。どうぞ皆さんの声を民進党 岡田「次の内閣」の議員の方々を中心に各党の政策調査会・
政務調査会議員に届けてください。


本国会で「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」が上程されようとしています。
「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」から「多様な」の文字が消え、「フリースクール法案」から「不登校対策法案」に姿を変えて登場しました。


2015年9月15日の「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案(馳座長案)」から2016年2月2日「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(丹羽座長試案)」に変わり、「フリースクール」に相当する部分が削り落されました。これに伴いフリースクールに財政支援するために法的な手続きとして必要だった「第四章 個別学習計画」がなくなりました。
しかし、法案から第四章が削除された後に、丹羽座長試案では「第三章 不登校児童生徒に対する教育機会の確保等」という名の「不登校対策法案」が登場しました。

12万人余の不登校の子どもと保護者をさらに追い込む内容が法律化にされようとしています。
いじめや体罰、厳しい指導などで傷ついている多くの子どもは、学校を休みたくても休めていません。登校しぶりをしながら登校する「心は不登校、からだは登校」の子どもは少なくとも50万人余いると推定されます。
文部科学省の不登校対策は早期学校復帰対策です。学校を休めないまま傷つき心身ともに限界にきた子どもたちが命を絶つことが続いています。
不登校は命の非常口です。新たな法律をつくって命の非常口をふさがないでください。
私たち不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークは、夜間中学と分けて不登校対策法案の白紙撤回を求める運動を続けています。

2016年3月11日の超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チームの議連総会が開かれ、法案の審議では疑念、懸念、法案の不備の声が議員から次々あがるなか、審議を半ば強引に打ち切り、座長案として「各党持ち帰り」となりました。
各党の文部教育委員会での検討が行われのち、各党の政務調査会(民進党は「民進党 岡『次の内閣』」)を経て4月下旬までに各党の結論を出すスケジュールです。

法案に反対する不登校を経験した当事者が「壊れて止まらなくなったモグラ叩きゲームのようだ。穴からモグラ(法案)が延々とでてくる」と呟いていました。しかし今や「モグラ」は土を払い機体まで壊し、恐ろしい「ドラゴン」となって天に放たれようとしています。ドムドーラ

法案を白紙撤回し上程を阻止する最後の機会です。岡田「次の内閣」の議員を中心に各党の政策調査会議員・政務調査会議員にファックス、はがき、メールなどで皆さんの声を届けてください。議員めぐりを続けて感じたことは、紙ベースのファックスや手紙は良く読んでくれています。A4で1枚位の内容が適切のようです。
皆さんの声を届けてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。



民進党 岡田「次の内閣」の議員の方々の連絡先は下記のリンクから。
https://www.minshin.jp/about-dp/next-cabinet

下記は民進党 岡田「次の内閣」のファックスリストなります。
★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む

本国会で「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」が上程されようとしています。
「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」から「多様な」の文字が消え、「フリースクール法案」から「不登校対策法案」に姿を変えて登場しました。


2015年9月15日の「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案(馳座長案)」から2016年2月2日「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(丹羽座長試案)」に変わり、「フリースクール」に相当する部分が削り落されました。これに伴いフリースクールに財政支援するために法的な手続きとして必要だった「第四章 個別学習計画」がなくなりました。
しかし、法案から第四章が削除された後に、丹羽座長試案では「第三章 不登校児童生徒に対する教育機会の確保等」という名の「不登校対策法案」が登場しました。

12万人余の不登校の子どもと保護者をさらに追い込む内容が法律化にされようとしています。
いじめや体罰、厳しい指導などで傷ついている多くの子どもは、学校を休みたくても休めていません。登校しぶりをしながら登校する「心は不登校、からだは登校」の子どもは少なくとも50万人余いると推定されます。
文部科学省の不登校対策は早期学校復帰対策です。学校を休めないまま傷つき心身ともに限界にきた子どもたちが命を絶つことが続いています。
不登校は命の非常口です。新たな法律をつくって命の非常口をふさがないでください。
私たち不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークは、夜間中学と分けて不登校対策法案の白紙撤回を求める運動を続けています。

2016年3月11日の超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チームの議連総会が開かれ、法案の審議では疑念、懸念、法案の不備の声が議員から次々あがるなか、審議を半ば強引に打ち切り、座長案として「各党持ち帰り」となりました。
現在、各党の文部教育委員会での検討が行われています。4月上旬までに各党の結論を出すスケジュールです。

法案に反対する不登校を経験した当事者が「壊れて止まらなくなったモグラ叩きゲームのようだ。穴からモグラ(法案)が延々とでてくる」と呟いていました。しかし今や「モグラ」は土を払い機体まで壊し、恐ろしい「ドラゴン」となって天に放たれようとしています。ドムドーラ

法案を白紙撤回し上程を阻止する最後の機会です。各党の文教科学委員にファックス、はがき、メールなどで皆さんの声を届けてください。議員めぐりを続けて感じたことは、紙ベースのファックスや手紙は良く読んでくれています。A4で1枚位の内容が適切のようです。
皆さんの声を届けてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。


下記に主だった各政党の文教委員や立法チーム議連等の連絡先を掲載いたします。
民進党の結党のため、スケジュールが遅れているようです。
連絡先も改訂いたしました。どうか皆さんの声を届けてください。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★

続きを読む

当ネットワークに参加する、不登校を経験した当事者と親の方々の不登校法案に対して白紙撤回を求める声と意見表明です。皆さんに許可をいただいて、ご意見を掲載させていただきます。


本法案の立法の趣旨はフリースクール法をつくるところにありました。しかし、今やフリースクールに対応する部分が削られ、不登校対策法に姿を変えてきました。「衣の下から鎧」が現れました。
不登校を経験した当事者や親の方々がどう感じているのか、どう考えているのか、現場からの声・意見を聞いて下さい。
年間12万人余の不登校をしている子どもたち、いじめや体罰などで学校を休みたくても休めない子どもたち、「心は不登校、からだは登校」の子どもたちは少なくとも50万人以上いると推定されます。
すべての子どもたちの最善の利益についてともに考えていただきたいと思います。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★
続きを読む

2016年3月8日に、超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チーム(丹羽秀樹座長)のヒアリングにおきまして、不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークの代表「不登校法案への反対」「法案を夜間中学と分けて白紙撤回を」と意見表明いたしましたので、ここにご報告させていただきます。


活動報告
国会開会後、静かだった超党派フリースクール等議連が2月2日に再開され、動きが急にあわただしくなりました。
それに伴い当ネットワークの動きも活発になりました。以下にその活動の一端を報告いたします。
この他に当ネットワークの不登校を経験した当事者や親たちが議員訪問を続けております。

2月 2日 立法チーム勉強会 陪席 1名
2月12日 立法チームヒアリング、当ネットワークの代表が
      法案の反対・白紙撤回を表明・陪席 2名
2月16日 立法チームヒアリング 陪席 2名
2月17日 渋谷区で講演集会(講師:石川憲彦さん)を開催
2月19日 立法チームヒアリング 陪席 3名
3月 8日 立法チームヒアリング、当ネットワークの代表が
      法案の反対・白紙撤回を表明・陪席 3名
3月11日 立法チーム合同総会 6名


3月8日、議連立法チームにおきまして、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」の新しい座長試案が提出されました。新しい座長試案は下記のリンクからご覧いただけます。
義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(座長試案)平成28年3月8日 ←クリックしてください

当日の議連立法チームのヒアリングでは当ネットワークの代表が「私たち親も、同じように不登校のわが子を追いつめてきました」「親は変わることができますが、法律は変えられません」と強く法案の反対を訴えました。

下記に、当日の「意見書」を掲載いたします。(→PDF版

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★
続きを読む

2016212日に、超党派フリースクール等議連・夜間中学等義務教育拡充議連立法チーム(丹羽秀樹座長)のヒアリングにおきまして、不登校・ひきこもりを考える当事者と親の会ネットワークの代表が法案への反対・白紙撤回を発表いたしましたので、ここにご報告させていただきます。


22日、議連立法チームにおきまして、これまで「多様な教育機会確保法案」と呼ばれていた法案の、新たな骨子案である「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」(仮称)が提出されました。

骨子案と修正表は下記のリンクからご覧いただけます。


義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案(仮称)骨子(座長試案)平成28年2月2日 ←クリックしてください

座長試案(平成27915日版)からの修正点 ←クリックしてください


ヒアリングでは、この「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律案」(仮称)のことだけでなく、これまでの法案の内容・検討過程をも含めた反対意見を発表いたしました。


当ネットワークより参考として提出した資料4点(PDF版)は、下記リンクをクリックするとご覧いただけます。


 ・要望書(20160212当事者と親の会ネット)

 ・2・2骨子案の問題点(20160212当事者と親の会ネット)

 ・グラフ資料3点(20160212当事者と親の会ネット)

 ・当事者からのメッセージ(20160212当事者と親の会ネット)

下記に、当日の発表内容(原稿)を掲載いたします。

★以下がたたまれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください★

続きを読む

 11月18日に、当ネットワーク代表ほか計4名が、林久美子議員(参議院・民主;超党派フリースクール等議員連盟事務局長)に面会しました。そして、「多様な教育機会確保法案」(略称)国会提出反対要望へのご賛同者のお名前・コメントの概要を伝え、下記の申し入れと話し合いを行いました。

 1.法案の白紙撤回、または夜間中学に関する部分のみでの立法を要請。
 2.この法案の問題点を、子どもたちの現状、法的な観点などから説明(「就学義務」の問題、「修了」認定による学歴格差、フリースクールなどに行かず家庭にいる子どもへの不利益、子どもどうしの分断など)。
 3.「子どもの権利条約」の趣旨にのっとり、子どもの権利を主体とする法律にすること、「休む権利」を大切にすることなどを要請。
 4.不登校当事者・経験者、親、関係団体などの多様な意見の聴取を要請。
 5.議員連盟および各党の文部科学委員との話し合いを要請。

 当ネットワークではひきつづき、法案の国会上程に対する反対要望へのご賛同を募っています(→詳細はこちら)。
 反対要望書とみなさまからのご賛同書は、議員連盟の立法チームに提出します。また、各党の議員にも反対の意思を伝えていきます。
 反対要望書の提出後も、議員や世論に、この法案によって不登校の子どもたちにどんな事態が生まれうるのか、なぜ反対するのか、私たちの考えだけでなく幅広い意見を伝え、できる限りのなかで活動していく所存です。
 各地の団体・個人のみなさま、ご賛同とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 11月2日の「STOP!『多様な教育機会確保法案』 不登校の子どもの権利があぶない! 11.2フォーラム」での、石井小夜子さん(弁護士)による講演の要約です。
 これは当ネットワークの藤本なほ子(これを書いている私です)が、講演を拝聴しての覚え書きとして作成したもので、文責は藤本にあります。石井さんの意図とは異なる部分もあるかもしれない点、ご承知おきください。

石井小夜子弁護士 講演の概要(2015年11月2日) ←クリックすると開きます

 講演は、ネットワークからの「法案をめぐる12の質問」に石井さんが答えるという形で行われました。当日、石井さんご自身が用意されたレジュメは→こちらにあります(本文の注で参照している「石井小夜子多様な教育機会QA資料」 「憲法89条とフリースクールへの援助」はこのレジュメです)。併せてご参照ください。リンク先では当日の講演映像もごらんいただけます。
 集会のようすは、毎日新聞(11月16日付)で報道されています→こちら

【「反対要望」への賛同のお願い】
 当ネットワークでは、法案の国会上程に対する「反対要望」への賛同人を募っています。こちら
 反対要望書は、関係する国会議員などに随時提出していきます。お寄せいただいたコメントは、すべて議員にお伝えします。
 朝日新聞などで法案の議員立法がまとまったと報道されていますが、家庭で過ごす不登校の子どもやその保護者を追いつめる恐れが非常に大きいことは変わりないようです。報道されている法案内容では、「学校復帰をめざす」ことが前提にされている点、不登校の子どもにとってはますますつらいものになったとも考えられます(その点、当初の「多様な学びを保障する」という当初の趣旨からは、法案の内容がだいぶずれてきていると思います。法案名の「多様な」という語もなくなっています)。私たちはひきつづき、法案の国会上程に反対し、議員交渉などをつづけてまいります。ご賛同・ご参加を、ぜひよろしくお願いいたします。
 なお、これまでのご賛同者氏名・コメントは→こちらでご覧いただけます。(公開可とされた方のみ)

 11月2日の「STOP!『多様な教育機会確保法案』 不登校の子どもの権利があぶない! 11.2フォーラム」で配布した「コメント集」のPDF版を公開します。

反対要望へのコメント集(11月9日版) ←クリックすると開きます

 これは、「多様な教育機会確保法案の国会上程に対する反対要望」へのご賛同に付されたコメントを抜粋し、小冊子にまとめたものです。下記の方々のものを掲載させていただいております。不登校の当事者(子・親)、フリースクールや居場所の関係者、教職員、識者ほか、さまざまな立場からの反対・懸念の意見や思いを、とても具体的に知ることができます。
  (下記の方々をふくむすべてのご賛同者氏名・コメントは→こちらでご覧いただけます:公開可とされた方のみ)
 
●土井由三(とやま子どもの権利条約ネット)
●古川清治(杉並、中野 保育・教育を考える会)
●一木玲子(筑波技術大学)
●谷口新一(あそあそ自然学校)
●はさん
●吉田明彦
●(氏名非公開)
●牧野晶哲(白梅学園大学/金曜学習室(子どもの居場所事業)代表責任者)
●白尾彰浩(ヒューマン・ホット・プランニング代表)
●竹村洋介(近畿大学文芸学部講師)
●田崎光哉(特定非営利活動法人てんぐるま)
●平野浩子 他4名(のびるの会 有志)
●湯上俊男(NPO法人フォロ)
●伊藤書佳(不登校・ひきこもりについて当事者と語りあう いけふくろうの会)
●南康人(フリースペース ima)
●(氏名非公開)
●石川憲彦(林試の森クリニック)
●中嶋良三(福井登校拒否を考える会)
●佐竹雅美(元公立学校教職員、現 SAORI hands広島)
●青木悦
●がっこの会
●中島絢子(神戸アルバトロス)
●居場所じゃがいも・じゃがいも親の会(新潟)
●渡邉久美子(カマクラ「風の谷」) 
●秋山淳子(狭山ひとの会)
●堀井透(函館退職教職員連絡協議会 役員・幹事会 会長)
●貴戸理恵
●大塚晴子(草加らるご)
●谷口由美子(親の会「もぐらの会」(有志))
●(氏名非公開)(子ども相談室「モモの部屋」)
●上村香野子(富山YMCAフリースクール 所長)
●青島美千代(NPO法人 子どもと共に歩む フリースペースたんぽぽ 理事長)
●勝山実(新ひきこもりについて考える会)
●山田潤(学校に行かない子と親の会(大阪) 代表世話人)
●内田良子(子ども相談室「モモの部屋」)

 イベント特設サイトでは、11. 2フォーラム当日の録画映像、石井小夜子弁護士・金井利之教授(行政学)の講演資料を公開しています(→こちら)。ぜひご覧ください。
 なお、当日の講演の内容は、近日中にこのブログで公開する予定です。

【「反対要望」への賛同のお願い】
 当ネットワークでは、法案の国会上程に対する「反対要望」への賛同人を募っています。こちら
 反対要望書は、関係する国会議員などに随時提出していきます。お寄せいただいたコメントは、すべて議員にお伝えします。ご賛同・ご参加を、ぜひよろしくお願いいたします。


 去る11月2日に開催した「STOP!『多様な教育機会確保法案』 不登校の子どもの権利があぶない! 11.2フォーラム」は満席(参加者161名)となり、予定時間を超過し大盛況のうちに終了しました。ご参席くださった皆様、岩上安身IWJによる生中継をご覧くださった皆様、また賛同のコメントを寄せてくださった皆様、ありがとうございました。
 イベント特設サイトにて、当日の録画映像、石井小夜子弁護士・金井利之教授(行政学)の講演資料を公開しています(→こちら)。ぜひご覧ください。
 金井教授の講演は、こちらで一部が紹介されています(高山龍太郎氏ブログ「議員立法の多様な教育機会確保法は財源はつかないだろう──金井利之氏(東京大学教授・行政学)の見解」)。また、山下耕平さん(フリースクールフォロ事務局長)のお話の概要は「なるにわ ぶろぐ」(→こちら)で読むことができます。
 当日はそのほか、内田良子さん(子ども相談室「モモの部屋」)が体罰の問題とからめて法案の立脚点そのものへの懸念・反対を伝えました。また、吾郷一二実さん(島根)・胡摩﨑ゆう子さん(高知)が、当事者に長年寄り添ってきた親の会と居場所の経験から、橋本真希子さん・宮川正文さん・伊藤書佳さんがご自分の不登校経験からのお話をされました。伊藤さんはパワーポイントを使って、不登校運動の歴史を私的にふりかえる試み。時間が限られていたのが残念です。ぜひ上記の録画映像でご覧ください!
 なお、近日中に当ブログで、講演者のお話の記録を公開する予定です石井弁護士は、法的な観点からの私たちの質問にひとつひとつ答えてくださいました。金井教授は、行政・政治の観点から法案の現実妥当性(法案のカラクリ)を検証されました。
 また、当日配布した「コメント集」(全国の当事者・関係者からの懸念の声)などの資料も、追ってアップします。いずれも、必読です! しばしお待ちください。

 先の国会での提出が断念された「多様な教育機会確保法案」(正式名称「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」)。立法チーム座長の馳浩議員が今回の内閣改造で文部科学大臣になり、次期国会以降での成立をめざしています。

 この法案は、「個別学習計画」などによって家庭を学校のようにし、不登校の子どもと親をますます追いつめるおそれがあります。また、義務教育の民営化などを招いて公教育に悪影響を与える、不登校・障がいなどマイノリティの立場にある子どもの排除につながるなど、問題点が山積しています。

 そこで、私たちネットワークでは、法案について批判的な検討を行いつつ、さまざまな立場からの懸念の声を聴くために、きたる11月2日に緊急フォーラムを開催します。
 フォーラムでは、教育法制・少年法に精通した弁護士と、行政学の第一人者が検証を行います。また、不登校を経験した当事者と各地の不登校を考える親の会の皆さんに、当事者と親の立場から今回の法案の危険性を語ってもらいます。参加者の皆さんとこの法案の問題点を共有し、法案阻止に向けて動いていきたいと思います。


STOP! 多様な教育機会確保法案
不登校の子どもの権利があぶない! 11.2緊急フォーラム


日時 2015年11月2日(月) 18時開場/18時半開会 21時30分閉会
会場 東京都渋谷区代々木神園町3-1
   国立オリンピック記念青少年総合センター  センター棟3階309室
   http://nyc.niye.go.jp/
※会場は「ワーカーズコレクティブ風車」の名でとってあります

参加費 500円  ☆不登校・ひきこもり当事者様は無料です!☆
定 員 160名 なるべくご予約下さい。当日参加もどうぞ。

参加お申し込み・お問い合わせ
★電話 090-6017-3400(下村)/090-2672-8435(伊藤)
イベント特設ホームページの申し込みメールフォーム〔→こちら〕からお申し込みください。
チラシPDFは→こちら(ダウンロード自由です)

☆当日はIWJ(岩上安身Indipendent Web Journal)によるウェブ中継も行われます。→ https://t.co/aneUKV3mnB 会場に来られない方はぜひこちらで!

話題提供者

 ―さまざまな立場からの検討や、懸念の声をとどけます。

【講師】
 石井小夜子(弁護士)
 金井利之 (東京大学法学部教授)

石井さんには法律の、金井さんには行政学の観点から、多様な教育機会確保法案について解説していただきます。

【リレートーク】
体験者の立場から
 宮川正文  橋本真希子 伊藤書佳 ほか
各地の親の会の立場から
 吾郷一二実(島根)  胡摩崎ゆう子(高知) ほか
不登校の経験者、また、全国各地の不登校の親の会やフリースクールなどの関係者がリレートークを行います。それぞれの経験に基づき、法案への疑問や反対の根拠を明確にして、問題意識を共有します。

【パネリスト】
 内田良子(カウンセラー/子ども相談室 モモの部屋/当ネットワーク共同代表)
 山下耕平(フリースクール・フォロ事務局長)
長年、不登校の子どもたちや親とともに歩んできたカウンセラーの内田さんと、フリースクールスタッフの山下さんにも、お話ししていただきます。

【コーディネーター】
 勝山実 (ひきこもり名人)
 伊藤書佳(不登校・ひきこもりについて考えるいけふくろうの会)

司会は、9・9大検討会から引き続いて、ひきこもり名人・勝山さんと、いけふくろうの会世話人・伊藤さんが務めます。

 また、法案への疑問・意見・反対など、会場のみなさまに発言していただく時間も設ける予定です。

 ─不登校を経験した方
 ─不登校の子どもたちを支える立場にいる方
 ─不登校のみならず、子ども・教育の全般にかかわる方
 ─不登校とはかかわりはないが、どんな法案なのか知りたい方
 ─この法案に問題や懸念、不安を感じている方
などなど、どなたもぜひご参加ください。
 みんなで、さまざまな角度からこの法案を検討し、問題点を共有して、私たちに何ができるのか、考えていきましょう。

【「反対要望」への賛同のお願い】
 当ネットワークでは、法案の国会上程に対する「反対要望」への賛同人を募っています。反対要望書は、関係する国会議員などに随時提出していきます。ご賛同・ご参加を、ぜひよろしくお願いいたします。
詳細は→こちら 賛同文に寄せられたお名前・コメントは→こちら(公開可とされた方のみ)


  「多様な教育機会確保法案」(略称)への反対要望提出について、現在複数の国会議員などに連絡をとり、面会を申し入れています。
 10月7日に、まず、神本美恵子参議院議員(民主党)を訪問しました。議員と秘書氏を合わせ90分ほどお時間をいただき、当ネットワーク4名で交渉しました。その概要をお知らせいたします。

【当ネットワークから】
 1.法案の白紙撤回、および、夜間中学に関する部分のみでの立法でのお願い。
 2.法案反対賛同者からの、「子どもの権利条約」の趣旨と「休む権利」を大切にしてほしい、などのご要望・ご意見を口頭で説明。
 3.この法案の問題点を、子どもたちの現状の観点、法的な観点の2点から説明。
 4. 馳浩文部科学大臣誕生に関連し、今後の議連の動きを質問。

【神本議員から】
 ・神本議員自身も「法案を憂慮している」「反対の趣旨を尊重したい」とのお話
 ・他の議員のご紹介
 をいただきました。また。臨時国会があるとしても、11月以降になるのではないか、とのことでした。

 当ネットワークではひきつづき、法案に対する反対要望へのご賛同を募っています(→詳細はこちら)。そして、要望書を各議員に提出し、各党の文教委員会及び議員連盟に反対の意思を伝え、みなさまのご要望・ご意見を届けていきます。
 法案が国会に提出されるまでは、まだまだ時間があります。各地の団体・個人のみなさま、ご賛同とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」(略称「多様な教育機会確保法案」)国会上程に対する反対要望の提出につきまして、多くのご賛同をいただきました。
 反対要望書と賛同書は、2015年12月21日に、超党派フリースクール等議員連盟立法チーム座長代理の笠浩史議員(民主党)に、議連立法チーム宛としてお渡ししました。

 ここに、当ブログでの公開可とされた方のお名前とコメントを紹介させていただきます(敬称略)。2015年12月21日確認分までで、賛同人総数は308(団体45/個人263となりました。

★以下が畳まれていたら、右の「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む

 「多様な教育機会確保法案」(略称)反対要望への、「はさん」様からのご賛同のコメントをご紹介します。(反対要望へのご賛同人のコメントは→こちらのページで一覧にてご紹介しています。また、反対要望へのご賛同は→こちらのページで受け付けています。)続きを読む

 反対要望書とみなさまからの賛同書を2015年12月21日に議員連盟立法チームに提出しました。
 ご賛同受付はしめきりました。賛同をお寄せくださったみなさま、ありがとうございました。

続きを読む

↑このページのトップヘ